HOME>Utility>美容室で髪型を変えると気分も変わる!写真を持ってレッツゴー

ヘアスタイルにも気を配ろう

突然ですが、皆さんヘアスタイルは気にされていますか?読者モデルの方がオシャレのために一番気にされるのは、メイクでも洋服でもなく髪型だそうです。確かに、どんなにメイクや洋服がバッチリでもヘアスタイルがいまいちだと台無しですよね。そのようなことにならぬよう、こまめに美容院・美容室にいってヘアスタイルを整えましょう!

理容室と美容室の違い

法律的にちがう!

理容師さんは理容師免許、美容師さんは美容師免許と、実は必要な免許が違うのです。そもそも、理容と美容では法律的に定められた目的が少し違います。また、理容は男性向け、美容は女性向けという感じですね。しかし、これはかなり昔につくられた法律です。現在では理容室・美容室(美容院)でできることに規制的にはほとんど違いはありません。

技術の差!

それでもやはり、働いている理容師さんと美容師さんの技術的な傾向の差はあるようです。学生時代に理容師さんは男性向けの刈り上げや剃りなどの技術を学び、美容師さんはミドルやロングの長さの髪のカット方法や緩いウェーブのパーマのかけ方の技術を学ぶそうです。女性が今どきの流行りの髪型にしてもらいたかったら、美容院・美容室に行くのがよさそうですね。

美容室を選ぶコツ

では、どのように美容室を選べばよいのでしょうか。続けて通いたい美容室がある人が一番重視している項目は「一位:技術二位:センス三位:フィーリング」だそうです。やはり、そこにいる美容師さんとの相性が重要です。予約サイトの口コミなどで調べ、気になる美容院に足を運んでお気に入りのスタイリストさんを見つけるといいかもしれませんね!

美容室で髪型を変えると気分も変わる!写真を持ってレッツゴー

女性

美容室は予約して行ったほうがいい

美容院・美容室に行く際は、予約をしていきましょう。ネット予約ならスマホなどから簡単に予約ができ、希望などを前もって美容師さんに伝えられて安心です。特に人気の美容室なら「せっかく行ったのに満席で施術を受けられなかった!」なんてショックなことにもなりかねません。しっかり予約をしていきましょう。

ヘアケア用品

イメージを伝えるなら画像や写真を持参

美容院・美容室を変えた理由で最も多かったのが「思ったようなヘアスタイルにしてもらえなかったから」だそうです。希望をしっかりと受け止められる美容師さんを見つけるのが理想ですが、確実にしてもらいたい髪型を伝えるためには写真やカタログなどをもっていって美容師さんにシッカリと希望を伝えることが大切です。

美容院での施術メニュー

美容室

ヘアカット

基本のヘアカットです。余計な施術はいらない、カットだけで十分というかたはこのヘアカットのみを選びましょう。

パーマ

美容院・美容室によってデジタルパーマやクリープパーマなど、できるパーマにも様々な種類があるので確認していきましょう。

カラー

少し髪色を明るくするだけでも印象がガラリと変わります!カラー剤にもオーガニックのものなど美容院・美容室によって多くの種類があるので、確認したほうがよいですね。

縮毛矯正

縮毛矯正とは、くせの強いかみに高温アイロンをあててサラサラのストレートにするパーマです。くせ毛でお悩みの方は、一度試してみるといいかもしれませんね。

トリートメント

髪のダメージの進行をおさえ、ダメージの補修をしてくれます。パーマやカラーをすると髪が傷むので、一緒に使用するといいでしょう。

広告募集中